いろんな面白い情報をまとめているサイトです。情報源はほとんど英語のサイトなどからです。

アーロン・スワーツが教えてくれた大切なメッセージ

  • HOME »
  • »
  • アーロン・スワーツが教えてくれた大切なメッセージ

図書館

 

アーロン・スワーツという方をご存じでしょうか?

彼はアメリカ人ですが、

私達日本人にも大切なメッセージを残してくれた方です。

 

アーロン・スワーツとは誰?

アーロン・スワーツとはインターネットと深く関わった人物です。

 

スタンフォード大学に入学しましたが、中退しました。

彼はインターネットに関する情熱が凄く、

いろんな活動をしていました。

起業をし、Redditという人気のサイト

を立ち上げるのに助けました。

 

彼は図書館が大好きだった

彼は特に図書館が大好きでした。

そして本を読むのが大好きでした。

 

そして大学生の一部の人にしか見れない

テキストは不公平だと主張していました。

どんな本も誰にでもアクセスできるようにするべき

だといろんな講演で主張しました。

 

そして彼は少し違法なことに走ってしまいました。

彼はMITのコンピューターストアから学術系の論文

などをダウンロードし、

それを一般の人にも見られるようにしようとしていました。

違法とは言え、

彼は利益などはどうでもよく、

人々に「タダでの学習」

を与えたかっただけです。

 

政治は黙っていない

アーロンの「悪い」行為を政治が許すわけがなく、

政治家は彼を非難しました。

そして裁判をもちかけ、

逮捕されそうになりました。

 

アーロンは刑務所に行くのが非常に怖く

(普通の人ならアメリカの刑務所なんて怖すぎますよね)、

彼は怯えながら生活していました。

 

インターネットの凄い力で政治家を倒した

彼の一番の栄光は政治家に一度勝ったことです。

政治は海賊行為や著作権侵害などを防ぐために、

SOPAという法案を通そうとしました。

この法案では、もし少しでも海賊行為や著作権侵害があれば、

誰かが通報したらすぐにそのサイトを停止することが

できるようになります。

これはインターネットの自由を脅かすとんでもない法案です。

 

もちろんアーロンはこれに納得いかず、

ネット上でいろんな人を呼びました。

そして街でも活動しました。

 

このSOPAという法案の裏にはもの凄いお金が動いており、

通るのがほぼ確定していました。

 

しかし、インターネットの力でこのSOPA

を否決することができました。

具体的にはウィキぺディアやRedditなどいろんなサイト

が一時的にシャットダウンしました。

そして人々は、

ウェブサイトがいとも簡単になくなれば

どうなるかを実感しました。

すぐにウェブサイトが無くなってしまうインターネット

はもはやインターネットではないです

(中国などに住んでいる方は気の毒ですね、

政治がすべてをコントロールしているから)。

民主主義の国でのインターネットは自由が

もの凄く大事なのです。

 

アーロン・スワーツの死

しかし、その栄光は短期間しか続きませんでした。

結局彼への訴訟は続き、

彼はもう精神的に限界を迎えました。

彼は自殺しました。

 

「余計なことをしなければ良かったのに」

と思う方がいるかもしれませんが、

それだけ彼は自由な教育に対して情熱があったのです。

貧しい人にも知識・知恵を得る権利を与えたかったのです。

 

アーロン・スワーツから学べること

やはりアーロンから学べる一番のことは、

インターネットの凄い力です。

 

現代ではインターネットは当たり前になりましたが、

ネットの凄い力を分かっていない人が多すぎると思います。

 

日本でも政治は「悪い」政策があります。

インターネットの力を上手く活用すれば

これらに「勝つ」ことは不可能ではありません。

 

アーロン・スワーツの人生からいろいろ

学べることがあります。

 

[ad#adsense6]


管理人のプロフィール

人気の記事

PAGETOP
Copyright © 面白い情報のまとめ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.