いろんな面白い情報をまとめているサイトです。情報源はほとんど英語のサイトなどからです。

知らないうちに犯罪を犯すことになる行動9選


犯罪

 

ほとんどの市民は法律を守りながら暮らしています。

 

しかし、善人でも知らないうちに法律を犯しているかもしれません。

ここでは知らないうちに多くの方が犯している犯罪

を9つ紹介します(地域や国によっては違います)。

 

1.インターネットで偽名を使う

ブログなどはいいですが、

例えば通販での申し込みで偽名を使うと

罰せられる恐れがあります。

ネットの申し込みで偽名を使うのは

ハッキングと同じ種類の犯罪に入ります。

 

もちろん実際に見つかる可能性は低いですが、

なるべくならちゃんと実名を使うのが懸命です。

 

2.Wi-Fiの無断使用

フリースポットはもちろんオッケーですが、

使い方によっては罰せられる可能性があります。

例えばある人はほぼ毎日、

スタバの近くに車を停めていました。

そして車内でフリースポットを悪用したせいで

罰せられたことがあります。

 

最近ではWi-Fiに関するルールは

それほど厳しくなくなりましたが、

なるべくなら悪用しない方がいいです。

 

3.ポイ捨て

ポイ捨てで捕まって、

最大で懲役10年ということもありえなくはないです。

 

ただほとんどの所ではそこまで厳しく

取り締まっていないのが現状です。

でもポイ捨てが違法には変わりないです。

 

4.友達との賭け

日本では賭博は禁止されていますが、

パチンコやスロットなどのグレーゾーンが存在しますね。

 

国によっては

友達と大金を賭けたら捕まることがあります。

最大で懲役10年はありえなくないです。

 

5.罵倒・悪い言葉の使用

日本ではそれほど「悪い」罵倒は無いですが、

アメリカでは特に悪い言葉が多いです。

アメリカでは公の場で悪い言葉を使うだけで捕まる人が

けっこういます。

旅行で冗談で外国語の悪い言葉を使わない方がいいです。。。

 

6.パスワードを知り合いにシェア

友達などにパスワードをシェアすることは禁止されています。

例えばネットフリックスに申し込んでいる人が

知り合いにパスワードをシェアしたら利用停止になる恐れがあります。

家族でもグレーゾーンです。。。

 

7.オークションでの脱税

ヤフーなどのオークションサイト

でお金を稼いでいる人は少なくないです。

オークションでもある一定の金額を超える

と税金を払う義務が発生します。

「オークションまで!」と思う人はけっこういると思います。。。

 

8.不穏な書き込み

特に最近ではネットで簡単に書き込みをして、

多くの人に届けることができるようになりました。

でも不穏や危険なことを書いたら、

逮捕されることはありえます。

 

9.油性マジックの持ち歩き

これは冗談に聞こえるかもしれませんが、

アメリカでは油性マジックを持ち歩くのが

禁止されている地域があります。

 

禁止されていると言ってもやはり

多くの子供は学校などで使いますが、

グラフィティの防止のための法律です。

グラフィティの常習犯なら

油性マジックを持ち歩くだけで

逮捕されるかもしれません。

 

知らないうちに犯罪を犯している行動のまとめ

ほとんどの場合、

上記の「犯罪」を犯しても捕まる確率は非常に低いです。

ただ違法は違法なので、

もし近くにいる警察官があなたを逮捕したければ、

当然できます。

少し気をつけることに越したことはないです。

 

[ad#adsense6]


管理人のプロフィール

人気の記事

PAGETOP
Copyright © 面白い情報のまとめ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.