いろんな面白い情報をまとめているサイトです。情報源はほとんど英語のサイトなどからです。

未来の予想が怖いぐらい当たったケース10選


予想

 

誰でも1度は未来を予想してみたいと思ったことはないでしょうか。

しかし実は人間には「潜在意識」というのがあり、

あながちデタラメな能力ではないかもしれません。

 

筆者は何も特別な能力はないですが、

東日本大震災の半年前から日本で何か恐ろしい

ことが起きるのではないかという「予想」がありました。

ただの偶然と言えるかもしれませんが、

人間にはこういった防衛本能が備わっていると思います。

 

ここでは歴史で未来の予想が怖いぐらい当たっていた

ケースを10件記述します。

 

10.真珠湾攻撃、無視された将軍

ビリー・ミッチェルという将軍は真珠湾攻撃の17年前

から予想していました。

日本は宣戦布告はしないと予想しただけではなく、

空と海両方から攻撃してくると予言していました。

更に時間までほぼ正確に当てています。

 

ちょっと怖い将軍ですね(笑)。

この人の相手はほぼ負けてしまいますね。。。

ただ残念ながら予想が突飛すぎて

周りは信じてくれないという問題がありますが。。。

 

9.冷戦

冷戦がはじまる100年前にアレクシ・ド・トクヴィルという

政治家がアメリカとロシアの対立について予想していました。

 

8.17世紀の手術

ロバート・ボイルは300年前から

移植手術を予想していました。

 

彼が住んでいた時期にはメチャクチャな手術方法

や魔術が主流だった頃です。

それを考えると彼の凄さが分かります。

 

これだけでなく、

染髪剤、潜水艦、入れ歯、ドラッグ

も予想していました。

 

7.第二次世界大戦

フェルディナン・フォッシュというフランス

の陸軍軍人は第二次世界大戦を予想しました。

 

第一次世界大戦が終了してドイツを強制的

に不条理な条約などに署名させたため、

数年後にはドイツや他のヨーロッパの国は

また戦争するであろうと予想しました。

 

「20年の休戦でしかない」と語り、

そして実際に20年後にまた戦争が始まってしまいました。

 

6.アポロ11号、月への旅

ジュール・ヴェルヌという小説家は

月への旅を正確に予想していました。

 

具体的にはアポロ11号を予想していました。

3人の宇宙飛行士がロケットで月に行くと書いてました。

それだけでなく、フロリダ州という場所まで

正確でした。

しかも名前の「アポロ」まで同じでした。

少し鳥肌が立ちますね。

 

その他に月の無重力など

ただの小説家とは思えないほど

いろんな予想を当てています。

 

5.ジョン・F・ケネディ、自分の死を予想

ジョン・F・ケネディが死ぬ数時間前に

いつも以上に心配している奥さんに

「もし誰かが窓からライフルで自分を撃ち殺そう

としているのなら、誰も止めることはできないから

心配するな」と。

 

数時間後にはその通りに死んでしまった。

 

4.マーク・トウェイン,自分の死を予想

マーク・トウェインはハレー彗星が地球に接近した時に生まれました。

ハレー彗星は75年おきに地球に接近しますが、

次に接近する時に死ぬと予言していました。

 

そして本当にハレー彗星が接近したときに死にました。

 

3.ジャンヌ・ダルク

フランスの予言ではメイドの少女が国を

助けてくれると当たっていました。

 

2.ミタール・タラビッチ

ミタール・タラビッチは19世紀のただの農民でしたが、

UNを予想していました。

 

その他に

・現代の精製された食品

・車

・スマホ

などを予想していました。

 

これはかなり「怖い」ぐらい当たっています。

 

1.ドミトリ・メンデレーエフ

ドミトリ・メンデレーエフはまだ50程度の周期表の

物質しかなかったころ100以上の物質

を完璧に書き出しました。

 

彼は「ビジョン」があり、

すべての物質を知ることができたと語っています。

 

未来の予想についてのまとめ

上記のように多くの未来の予想がとんでもない

正確性で当たっています。

もし未来を予想するなんらかの方式があれば、

私達の生活はもっと豊かになるかもしれません。。。

 

[ad#adsense6]


管理人のプロフィール

人気の記事

PAGETOP
Copyright © 面白い情報のまとめ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.