いろんな面白い情報をまとめているサイトです。情報源はほとんど英語のサイトなどからです。

1つだけの世界共通言語の時代は来るか?


言語

 

現在の世界には多くの言語が存在します。

 

いずれ、1つだけの世界共通言語の時代は来るのでしょうか?

 

世界の言語

現在の世界では約7千の言語が存在すると言われています。

300の言語は100万人以上いますが、残りの言語

を話せる人口はかなり少ないです。

 

特に現代のグローバル化で言語はどんどん無くなっています。

 

現在での「世界共通言語」は圧倒的に英語です。

英語を話せる人は15億まで登っています。

世界の人口の1/5は英語が話せるという計算です。

そしてインターネット上のトップ1千万のウェブサイト

のテキストの55%は英語です

(筆者が面白い情報を主に英語のサイトから

収集している理由の1つです)。

日本語でのサイトはもちろんたくさんありますが、

英語には到底及びません。

量だけでなく、競争率もはるかに高いので

質も非常に良いです。

 

近い将来、英語が本当の世界共通言語になるのか?

英語

近い将来、英語が唯一の世界共通言語になる

可能性はあります。

ただ問題なのは、

英語には欠点が多いです。

無駄に例外が多かったり、意味なく難しい言語です。

もし本当の世界共通言語になるのであれば、

かなりの改善が必要です。

もっとシンプルで論理的に改善する必要があります。

ドイツ語や中国語などはこういった改善を行っているのに、

英語はほとんど行っていないのが謎です。

 

新しい言語

あるいは全く新しい世界共通言語を作り上げるという案もあります。

これは良いアイデアですが、

かなり面倒な作業ですね。

 

テクノロジー

そして最後の案はテクノロジーに任せることです。

現在でもネットでの翻訳技術などはかなり進歩しています。

しかし、テクノロジーだけでは限界があります。

 

そもそも世界共通言語は必要?

これに関しては簡単な答えは無いですが、

多くの言語があるのには少し意義があります。

言語はただのコミュニケーションツールではなく、

その文化を象徴するものでもあります。

 

例えば、

筆者が日本語で考える性格と英語で考える性格

はかなり違います。

言語だけで自分の性格や行動が変わってきます。

日本語での普通の言葉が英語では

適切な訳や表現が無いなど、

文化的要素は大きいです。

 

文化を大切にしたい方はいろんな言語をキープ

したいと考えるでしょう。

逆に世界の効率化を優先したい方は

世界共通言語を望むでしょう。

 

どちらが良いかは分かりませんが、

どちらにしろ、

真の世界共通言語の時代が来るのには多くの課題があります。

 

[ad#adsense6]


管理人のプロフィール

人気の記事

PAGETOP
Copyright © 面白い情報のまとめ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.