いろんな面白い情報をまとめているサイトです。情報源はほとんど英語のサイトなどからです。

昔の葬儀の棺はなぜ釘で閉められていたのか?


棺桶

 

日本では昔は土葬で棺桶が最後まで使われていましたが、

棺桶のイメージは海外での方が強いですね。

 

ここで棺桶についての疑問です。

 

なぜ昔の葬儀での棺は釘で閉められていたのか?

それはゾンビが本当に存在するからです。

 

棺桶を釘で閉めることによって、

ゾンビが出てこないようにしていました。

 

現代の日本では火葬でゾンビの流出を防ぐようになり、

今でも海外では棺桶の蓋をちゃんとしっかりロック

して閉めています。

 

この手順のおかげで、

我々の生活の平和が保たれています。

 

実際は

ごめんなさい、ゾンビは存在しません(笑)。{多分。。。}

 

昔の葬儀での棺桶が釘で閉められていた理由は、

盗難を防ぐためです。

棺桶の中にその人のいろいろな重要な物も

入れられていたので、

それらの貴重品を盗もうとする人はいました。

貴重品だけでなく、

遺体を盗んで実験を行いたい医者などもいました。

 

でも近い将来、ゾンビが本当に出現する確率はゼロではないので、

海外では棺桶を釘で閉め続けた方がいいですね。。。

 

[ad#adsense6]


管理人のプロフィール

人気の記事

PAGETOP
Copyright © 面白い情報のまとめ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.