いろんな面白い情報をまとめているサイトです。情報源はほとんど英語のサイトなどからです。

歴史上、最もクレイジーな科学実験10選


実験

 

科学で人類は凄い進歩を遂げましたが、

すべての実験が「正常」だったわけではないです。

 

むしろ「クレイジー」な実験の方が

多いかもしれません。

ここでは歴史上、最もクレイジーな実験を

10個紹介します。

 

1.黄禹錫(ファン・ウソク)

黄禹錫(ファン・ウソク)は韓国の生物学者であり、

幹細胞の研究をリードしていました。

 

しかし、2006年には

彼の多くの研究成果は嘘だったことが判明しました。

彼はロシアのマフィアにお金を与える代わりに

絶滅した動物の細胞をもらっていました。

 

彼は研究のために与えられていた多くの寄付で

絶滅した韓国の虎やマンモスをクローンしようと

していました。

 

2.パラケルスス

パラケルススは1500年代の錬金術師・医師でした。

彼は医学や化学に大きな貢献をしましたが、

どんどん実験にのめり込んで一人での時間が増えてしまいました。

 

そして彼はホムンクルス(小さい人造人間)

を作ろうとしました。

方法としては人間の「卵」を馬の中

で成長させようとしていました。。。

 

3.ダンカン・マクドゥーガルの21グラム理論

ダンカン・マクドゥーガルは20世紀の医師です。

彼は魂には重さがあるのかを知りたくて実験を始めました。

彼は6人の患者の死ぬ直前と死んだ直後の体重を測りました。

 

そして彼は21.3グラムが減っていると発表しました。

犬でも同じような実験を行いましたが、

体重に変化は無かったようです。

 

4.スティーヴン・ベスリーの死ぬ前は怖い実験

スティーヴン・ベスリー(Stephen Besley)は

アメリカの刑務所の医師でした。

そこでは多くの受刑者が死刑される現場を目撃しました。

そして彼は「人は死ぬ前は恐怖を感じるのか」

という疑問をどうしても知りたかったみたいです。

ある受刑者(John Deering)は彼の実験に参加すること

を承諾し、

死刑される時に心電図で彼の感情を「測りました」。

案の定、

人は死ぬ直前は恐怖を感じています。

 

5.CIAのMKウルトラ計画

この実験は1950年代から1960年代まで

行われました。

内容はドラッグ投与や拷問などを被験者に行い、

どこまでやれば人は完全に服従するようになるかを試す

実験でした。

被験者は千人以上いたと言われており、

データは隠されています。

 

6.Johann Konrad Dippelの不老不死の薬

彼は1600年代の医師・錬金術師でした。

いろんなおかしい実験を行っていました。

例えばある死人の魂を別の死体に移そうとする実験。

 

一番有名なのが彼の「不老不死の薬」です。

これは血や骨などいろんな変なものが含まれていたみたいです。

彼は死んだので、この薬の効果はたぶんダメでしたが。。。

 

7.Michael Persingerの神のヘルメット

彼は神経科学者・大学教授です。

神のヘリメットという物を発明しました。

 

人がこの神のヘルメットをかぶると、

近くに神の存在を感じることができるらしいです。

 

このヘルメットは磁場や電気で動いているみたいです。

 

8.ロバート E.コーニッシュ

彼はとても頭が良く、

カリフォルニア大学を卒業し、

22歳で博士号を取得しました。

 

しかし、彼は少し狂った情熱を持っており、

死人を蘇らせようとする実験を行っていました。

 

実は彼は死んだ犬を2匹蘇らせたらしいです。

そして死刑囚を蘇らせようという実験をしようとしましたが、

政府は彼の実験を拒否しました。

今だに人間での蘇生は成功していないみたいです。。。

 

9.Stubbins Ffirth

1793年のアメリカでは黄熱病が蔓延していました。

Stubbins Ffirthという研修医は

黄熱病は伝染性が無いと信じていました。

そして彼は黄熱病にかかっている人の体液

を自分の体に入れる「実験」を何度も行いました。

そして彼は全然黄熱病にかかることがなく、

黄熱病には伝染性が無いと主張しました。

 

しかし残念ながら黄熱病は実際には伝染性が高く、

血液(主に蚊)で感染します。

 

10.Ilya Ivanovich Ivanov猿人間

Ilya Ivanovich Ivanovはロシアの生物学者でした。

彼は動物の「ハイブリッド」を作ることが情熱でした。

特にどうしても「猿人間」を作りたかったみたいです。

 

ダーウィンの進化論を証明したかったみたいです。

1920年代に人間の精子を雌の猿に入れる実験を行いました。

これは上手く行かなかったみたいです。

そしていずれは雄の猿の精子を人間の女性に入れる実験を計画していました。

しかし政府は彼の実験を批判し、

資金を与えなくなり、実験は行えなくなりました。

 

歴史上、最もクレイジーな科学実験のまとめ

以上が歴史上で最もクレイジーな実験10選でした。

正直、かなり狂っていますね。。。

 

これらの研究者はせっかく頭が良いのに、

狂った実験に没頭してしまったのがもったいないですね。

 

今後、どこかでもっとおかしな実験が行われるかも。。。

 

[ad#adsense6]


管理人のプロフィール

人気の記事

PAGETOP
Copyright © 面白い情報のまとめ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.