いろんな面白い情報をまとめているサイトです。情報源はほとんど英語のサイトなどからです。

悪い言葉はなぜダメとされているのか?


罵倒語

 

悪い言葉はなぜ悪いのでしょうか?

 

悪い言葉・罵倒語はなぜ悪いのか、素朴な疑問

もちろん言語によって違いますが、

どの言語にも悪い言葉はあります。

 

英語やドイツ語はけっこう悪い言葉が多いです。

逆に日本語は凄く悪い言葉が少ないです。

 

単純な答えは

私達が育った環境で悪い言葉は悪い

と教わったからですが、

歴史的に見ると少し面白いです。

 

私達が恐れていることやタブーとされていることから

由来することが多く、

(例:性病、犯罪、死など)

そして主に5種類の悪い言葉が存在すると言われています。

 

1.罵倒目的

2. 強い感情を表す時

3.ソーシャル目的

4.非日常的な表現

5.宗教的

 

あと階級によって言葉の質が変わってきます。

例えば英語の場合、

昔の高い階級の人達の悪い言葉と

低い階級の人達の悪い言葉は違いました。

低い階級の人達の悪い言葉は「強く」、

高い階級の悪い言葉はそれほどインパクトがありませんでした。

 

悪い言葉が誕生した理由はいろいろあります。

そして今後も悪い言葉は変化していくでしょう。

悪い言葉がダメな理由は意外といろいろあります。

 

[ad#adsense6]


管理人のプロフィール

人気の記事

PAGETOP
Copyright © 面白い情報のまとめ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.