いろんな面白い情報をまとめているサイトです。情報源はほとんど英語のサイトなどからです。

ユーチューブについての情報10選


動画

 

ユーチューブが好きな方は多いと思います。

いろんな種類の動画が楽しめます。

 

ここではユーチューブについての情報10選を紹介します。

 

1.最初は小さかった

どの会社でもそうですが、

最初は小さかったのです。

もちろんユーチューブも例外ではありませんでした。

最初は小さいオフィスから始まりました。

 

2.名前の問題

最初は別のサイト「utube」と名前が似ていたため、

法律的に問題がありました。

多くのユーザーはutubeのサイトの方

に行ってしまい、

utubeのサイトが一時閉鎖してしまいました。

そしてutubeはyoutubeを訴えました。

 

3.ご褒美

ユーチューブは1千万の登録者を得た

ユーチューバーにはダイヤモンドの

プレイボタンがもらえます。

100万人の登録者のユーチューバーには

金のプレイボタンがもらえます。

10万人の登録者のユーチューバーには

シルバーのプレイボタンがもらえます。

この事実を意外と知らない人が多いです。

 

4.ユーチューブの最初の動画

ユーチューブの最初の動画は20秒以下で、

ユーチューブの創設者の一人が動物園で撮影した短いものです。

ゾウについて少し語っているだけの動画ですが、

何万回も見られています。

コメントの数も凄いです。

 

5.エイプリルフール

2008年から、4月1日に

ユーチューブはユーザーにエイプリルフール

をする習慣ができました。

 

くだらないミュージックビデオに

送られたり、ページが逆さま、

ユーチューブの100周年のお祝い

などいろんな冗談があります。

 

6.広告費

サイトが有名になれば、

広告主と広告費は自然と増えます。

 

ただユーチューブの広告費の額が桁違いです。

2013年には56億ドルも使われていました。

もう円に換算したらとんでもない額です。

 

7.とんでもないバンド幅の量

サイトの大きさと動画の容量のため、

バンド幅の量がとても大きいです。

2014年にはユーチューブとネットフリックス

のバンド幅の使用量はインターネット全体の50%以上でした。

 

8.エンターテインメント

毎月、ユーチューブは150億人のビジターがいます。

2015年ではユーチューブは世界で

のアクセスランキングが3位です。

多くの方は音楽やレンタル映画などのエンターテインメント

のために利用しています。

 

9.ペイパルの偶然

創設者のチャド・ハーリー、スティーブ・チェン、

ジョード・カリムはペイパルの従業員でした。

 

10.起源

そもそもユーチューブの起源がはっきりしません。

エンターテインメントのためかもしれないし、

恋活の動画版のためだったかもしれないし、

ニュースのためだったかもしれません。

真実は分かりませんが、

現在でいろんなジャンルの動画が投稿されています。

 

ユーチューブの情報まとめ

以上がユーチューブの情報10選でした。

知ってるものから「嘘!」というような情報

があったと思います。

 

筆者もユーチューブは好きなので、

今後はもっともっと拡大していくでしょう。

 

[ad#adsense6]


管理人のプロフィール

人気の記事

PAGETOP
Copyright © 面白い情報のまとめ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.